So-net無料ブログ作成
 ↓ 当ブログの記事検索にご利用ください。

北総線「金環日食 記念乗車券」発売中。 [千葉ニュー。]

タイトルのとおりです。

5/11(金)~ より販売中だそうです、「金環日食」きっぷ。
お値段 1000円也。

 goldring.JPG

以下、北総線HPより抜粋。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 新京成電鉄(本社:千葉県鎌ケ谷市くぬぎ山、社長:片岡 遼一)と、
 北総鉄道(本社:千葉県鎌ケ谷市新鎌ケ谷、社長:笠井 孝悦)では、
 5月11日(金)より合同で、「金環日食 記念乗車券」を発売致します。

 5月21日(月)は、全国の空で日食が起こり、中でも関東の一部地域では、
 太陽と月が直線上に交差し、月の外側に太陽がはみ出して細い光のリング状に
 見える金環日食の観測が期待されています。
 金環日食が見えるエリアのうち、もっとも美しい状態で光のリングを
 見ることが出来るのは、「中心食線」付近とされており、今回の日食では、
 東経140°線が交差する街・鎌ケ谷市がこれに当たります。
 折しも同市内に路線を持つ新京成、北総の鉄道2社では、これを記念し、
 共同で「金環日食 記念乗車券」を製作。5月11日(金)より、
 新京成線全駅(京成津田沼駅除く)および北総線全駅(京成高砂駅除く)で
 発売を開始します。
 記念乗車券は5枚セットで、いずれも新鎌ヶ谷駅発の新京成線区間の乗車券3枚、
 北総線区間は2枚が同封されています。各券面には、金環日食の写真や
 解説図のほか、鎌ケ谷市内の航空写真、今回日食が起きる地域と
 時刻を記載した地図がプリントされています。
 金環日食の観測は首都圏では実に173年ぶり、次回は300年も先となります。
 この希少な天体現象のメモリアルに、金環日食 記念乗車券を
 是非お買い求めください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

だそうです。Big Hopでも観察会の開かれる「金環日食」。
 <リンク>印西市HP 金環日食観察会のお知らせ

あたくしは仕事で見れませんが、見れる方”日食グラス”を購入の上、是非。


【日本製・遮光プレート サンビュー】 2012年 5月21日 25年ぶりに金環日食が観測できる!日食グラス 【皆既日食/日食サングラス/月食/観測/日食グラス/皆既/日食/太陽/サングラス/グラス/金環日食】


【日食グラス】 TO-PLAN 太陽観察専用オペラグラス オレンジ TKSM-005(OR)


広告



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。